アベコンベの雑貨屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 高尾山に行ってきた。

<<   作成日時 : 2014/05/04 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ最近さぼり癖がついて、4月中にこのブログを更新したのはたったの3回というとんでもない結果になってしまった。こういうのは一回更新がめんどくさくなると、そのままずるずる来てしまう。そのブログ書く時間に大したことやってるわけでもないのに。

そういうわけで、連休で天気もいいので真岡鉄道のSLにでも乗りに行こうかと思ったが、朝に都内某所のみどりの窓口に行くと今日の分の整理券は上下とも売り切れだという。整理券は明日の上り(茂木発)がなんとかあったので明日に回すとして、そのまま高尾山に行くことにした。
高尾山に行くには新宿から京王線に乗るが、高尾山口行準特急の車内には、自分同様に高尾山にハイキングに行くといったいでたちの人たちもちらほら見られる。調布駅の周辺も地下になっていたが、そういえばあの辺が地下になってから通るのは初めてだ。高尾を過ぎて線路も単線になり電車が山あいを走るようになると、終点の高尾山口だ。
ケーブルカーの清滝駅にはけっこう人がいて、ケーブルカーに乗るのは30分くらい待たされた。このケーブルカーは日本で一番勾配が急だとかで、山上の高尾山駅近くになると、歩いて登ることすら困難ではないかと思えるくらいの勾配になった。
それでも山頂に登ると新緑が目にまぶしい。空気が澄んでいるので、より空や木々の色が鮮やかに見える。薬王院を経て高尾山頂まで登ると、山頂には弁当の包みを広げているハイカーが大勢いた。目を凝らせばスカイツリーも見えるという話を聞いたが、春は霞がかかっているので眺望ははっきりしているわけではなく、高いビルが建っていてもそれがどこの駅の周辺なのかよくわからない。それでも富士山はうっすらとではあるが見ることができた。帰りは林の間を抜ける、舗装もされていないような山道を抜けてケーブルカーの駅に戻り、そば屋で昼食にした。そこでケーブルカーに乗ろうとすると、40分待ちとかで整理券を配っていたので、その間ホットドッグを肴にビールで一杯やった。
帰りは聖蹟桜ヶ丘で降りて「一週間フレンズ。」の聖地巡礼をしてみた。アニメの舞台は駅からも割と近いが、こうしてみるとこの聖蹟桜ヶ丘は駅ビルにはおしゃれな店もあるし、川も流れているし、町を見下ろせる高台もあるし、アニメの舞台にするのはうってつけの場所ではないか。「兎追いしかの山」「小鮒釣りしかの川」に代わって、こういう風景が日本人の原風景になりつつあるのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高尾山に行ってきた。 アベコンベの雑貨屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる